スロットマシンのルール

 ■スロットマシンはオンラインカジノの1番人気

オンラインカジノで一番人気のゲームはスロットマシンです。日本のパチンコに有るスロットマシンとは似ているようで非なるものということができます。

大昔のカジノのスロットマシンはコインを入れて大きなレバーを引くスタイルでした。コインを入れてただ回すだけで機械的に払い戻しが行われていました。

そこには日本のパチスロのようにリールを自分で止めるという動作はありませんでした。詳しい知識はありませんが、日本のパチスロは独自進化したものと思います。

ランドカジノにおいても機械式のスロットマシンなどは皆無になりました。あるのは博物館や収集家のところでしょう。

大昔のレバー式スロットマシンも時代と共にビデオスロットになり、コインはクレジット式になり逐一投入する必要もなくなり、現在のスロットマシンのように設定だけで後は自動(スピンは手動もある・・)という仕様になって来ました。

オンラインカジノのスロットマシンは、大別して「クラシックスロット」「ビデオスロット」「プログレッシブスロット(ジャックポット)」に大別されてオンラインカジノで表記されています。

すべてモニター上でゲームをするスロットマシンなのですが、わかりやすいように大別されているだけです。

スロットマシンはオンラインカジノの70%以上の売り上げを持つといわれています。日本人がパチンコが大好きなように世界のカジノギャンブルプレーヤーは一攫千金も可能なスロットマシンが大好きなのです。

スロットマシンの種類

ランドカジノ(マカオやラスベガスなど)では特に分類の表記はありませんが、オンラインカジノでは、上記のように大別される形で分類(カテゴリー)されています。イメージ的にプレーヤーが認識しやすいようにしているのです。

クラシック スロット Classic Slot

リール仕様や有効ライン数を少なめにして昔のスロットマシンをデザインや仕様でイメージしたものの総称です。ジャックポットを組み込んだ爆裂マシンも含まれます。

<クラシックスロット youtube>

ビデオ スロット Video Slot

ストーリー性を持たせたスロットマシンです。クラシックスロットとは比較にならない高度なグラフィックや映像を交えた仕様になっています。映画やキャラクターとのタイアップも数多くリリースされています。254、1024ラインなど複雑な有効ラインを持つものも多くあります。
 
<プレイボーイ youtube>

プログレッシブ ジャックポット スロット
Progressive Jackpot Slot

上記のクラシック、ビデオスロットマシンとデザイン上の分類ではなく、賭け金の一定額が積み立てられてジャックポットとして累積され払い戻されるスロットマシンです。オンラインカジノでは2015年10月の約24億円が最高額になります。一攫千金の代名詞になっているのがジャックポットスロットマシンです。
 
<メガムーラー youtube>

スロットマシンの賭け方

カジノのスロットマシンは、日本のパチスロと同じように多種多様な機種がありますが、ゲームプレイの設定に関して言えば複雑怪奇になるかもしれません。パチスロの場合コインの数でライン数が変わるだけですが、カジノのスロットマシンの場合、機種により1ラインもあれば1024ライン等、理由のわからないような機種もあります。

賭け方も多種多様で、コイン単位(1枚のコインの金額を設定できる)の機種、ライン数を設定できる機種、賭け金設定でライン数の賭け金を等分する機種、ライン数と賭け金を設定できる機種などなど個々のスロットマシンにより賭け金の設定方法が大きく異なります。

さらに、自動でスピンさせることができる機種、手動でスピンさせる機種、自動スピンでもスピン回数や損益を設定できる機種など様々な仕様がリリースされています。

個々の機種について解説するのは困難ですが、オンラインカジノの場合、一部のジャックポット機種を除いて無料で試用できることができるので、プレイ前に理解できない場合は無料モードで試してからチャレンジする必要があります。

機種ごとに賭け金のマックスやミニマムが記載されていますが、すべてのスロットが日本語化されているわけではありませんので、特にソフトメーカーが変わる場合は金額設定も変わっているかもしれませんので注意してください。

なお、ジャックポット表示がされているスロットマシンの場合、定額のジャックポット、プログレッシブ(累積型)ジャックポットにかかわらず獲得条件がある場合がありますので注意(下記詳細)が必要です。

スロットマシンの機能分類

スロットマシンは上記のように「クラシックスロット」「ビデオスロット」「プログレッシブスロット(ジャックポット)」に分けられますが、デザインと機能をわかりやすく分類しただけで、実質重要なのは「ノーマルスロット」と「プログレッシブジャックポットスロット」の分別です。

ノーマルスロットマシンとは機種別に固定の確立(ペイアウト)でプレイできるスロットマシンのことです。ジャックポットという表示もありますが機種固定の倍率が組み込まれているだけでプレーヤーのアクセス機種内(パソコン・スマホ・タブレットなど)で完結します。

プログレッシブジャックポットスロットマシンとは、累積型ジャックポット機能を持つスロットマシンの総称です。
このプログレッシブジャックポットにも様々な仕様があるのですがオンラインカジノにおいて一般的なのが同じソフトプロバイダー(ソフトメーカー)が提供して同じ名称を持つスロットマシンをプレイするオンラインカジノを横断して一定額を積み立てて払い戻すというスタイルです。

オンラインカジノの解説でも説明していますが、単純に説明すればオンラインカジノとカジノソフトメーカーは別で、オンラインカジノ運営業者はカジノソフトメーカーからライセンスしてオンラインカジノを運営しています。

オンラインカジノ創生期にはソフトの購入または自社開発して自分のサーバー内で運営しているケースも多く俗に言う「イカサマ」の業者も多く存在しましたが、現在は淘汰され国家ライセンスを取得して公的管理機関の元、カジノソフト開発メーカー(ゲームプロバイダー)が自社のサーバー内で運用してオンラインカジノ運営者はリンクするだけという構図になります。

さらにモバイル仕様(フラッシュ・HTML5)になったことにより最大手のプレイテック、マイクロゲーミング、ネットエント等の人気スロットも系列を超えて多くのオンラインカジノでライセンス運用されることになりました。

話しは戻りますがオンラインカジノのプログレッシブジャックポットスロットは、ソフトメーカー系列を超えて多くの独立系カジノ運営業者にライセンスされるようになったため累積される金額も大きくなり人気沸騰しているということです。

ノーマルスロットマシン

上記で簡単に説明しましたが賭け金によりペイアウトが固定されて、プレイする機種(パソコン・スマホ・タブレット)内でゲームが完結している機種のことをいいます。

ジャックポットという表記がある機種も多くプログレッシブ(累積型)ジャックポットと混同しやすいのですが、賭け方により固定した倍率で払い戻されると考えてください。ペイアウトは設定された理論上の還元率 (RTP)でペイアウトされます。

基本的にはフルライン、最大ベット(最高金額ではありません)でプレイすることが必要になります。フルラインとは20ライン仕様だったら20ラインでプレイするということ、最大ベットという意味は機種によって違いますが、例えばコイン仕様の場合1コインを最小金額にしても最大コイン数でプレイするという意味です。ライン数に均等割する金額を賭ける機種では最大ベットは関係ありません。賭け金に応じて払い戻しが上下するだけです。

特にジャックポット設定がある機種では獲得条件が設定されている場合があるので注意が必要です。

プログレッシブジャックポットスロットマシン

1つの例として、マイクロゲーミングのメガムーラーで説明します。メガムーラーはカジノソフト開発の最大手の1つ、マイクロゲーミング社が運営しているプログレッシブジャックポットスロットマシンです。

この機種はマイクロゲーミングの看板機種で、開始(誰かがジャックポットを出した後)金額が1,000,000通貨単位スタートになります。通貨単位とはドルでのプレーヤーはドル建て、ユーロでのプレーヤーはユーロ建てということです。

この記事時点でのレートは1ドル122円ですので1億2200万円がスタート金額になります。

この機種はマイクロゲーミングの看板ジャックポットとして多くのオンラインカジノで導入されています。プレーヤーの数が増えれば増えるほど累積金が増えていきます。

このメガムーラーは2015年10月6日に半年振りに爆発しました。獲得したのは24歳のイギリス人で、この時の累積金は£13,212,882 約24億8000万円でした。この金額はオンラインカジノ史上最高金額になっています。

このメガムーラーは特別なジャックポットで当選確率と累積金が大きいため高額になりますが、もっと当たりやすいジャックポットスロットも多数用意されています。

確立が低くても一攫千金を狙うのか、高確率のジャックポットを狙うのか人それぞれでしょうが、スロットで勝利して資金的余裕があるときにチャレンジするのがいいのではないでしょうか。

ジャックポットスロットマシンの数多くがモバイル対応になってきています。実際ジャックポットの半数以上がスマホで獲得されています。